So-net無料ブログ作成

毒舌上等。毒はため込むんじゃなくて吐き出さないとダメっしょ!と正当化する [ブログ]

ホント毎日毎日、社会を生き抜くと少なからず家庭でも仕事でも毒は溜まりまくる。
貯まるっていう表現にしてもいいくらいだよ。
いや、イヤだよ貯めたくねーよ。というつまらないノリツッコミ。

ストレスフルという時代だから意識して溜まり具合を感じて発散の必要があるんじゃねーか?て思うわけだけど、発散の仕方も人それぞれ。


本当に発散出来てるの?

それか発散の仕方知らねーんじゃねーの?


みたいな疑問をね、自分に投げかけてみるとどうだろか……

自己満足で発散する方法なぞ沢山あると思うんだけどね、それで本当に発散出来てるんかと。


ストレス=毒みたいなもんだから自己満足の発散方法で毒は抜けるんかと。



それならば違う何か方法あるんか?てなるよね。

俺は自己満足の方法なんかで発散しない。

申し訳無い気持ち2割くらいもって話を聞いてくれる人に「ちょっと聞いてくれよ!」というテンションで


短めに毒を吐く!ドカーンと吐く!


つまりストレス要因に対して自分の思うところを聞いてもらうわけよ。



これ、何の解決にもならないし、聞いてくれた人に不快な思いをさせてしまうかもしれん。

だから「ごめん!」という気持ちを持ちつつ「俺はキレイな人間じゃないから文句言うし思うところがある」ってなことを表現する感じになる。


毒はよ、溜め込むとロクなことがないからよ。
精神的にやられることもあるし身体に影響出ることだってある。


そうなってからじゃ遅い!


毒はこまめに吐くべし。

ちなみに聞いてもらった相手の話は自分の話の比率1.5倍は聞くようにするけどね。



スポンサーリンク






コミュニケーション方法はSNSが主流になったり、LINEで済んでしまうようなこの時代

そりゃ便利だから当然活用するけどよ


やっぱ「相手を目の前にして話すこと」って最高のコミュニケーションでしょってつくづく思う。


毒を吐くのも電話じゃ相手見えないから相手の不快な思いも強いだろうし反応も伺えない。
短くドカーンと吐くならば電話では難しいだろうし声だけではね、ドカーンが弱い。
相手を前にして身振り手振りで表現すれば相手にはいろんなことが伝わるし。

手軽なLINEやメールじゃウザイだけだし。



人間なんて、常にキレイで毒がない人なんていないと俺は思う。
お互い持ちつ持たれつつなんだし、皆んな支え合って生活してるんだし、毒だってちょっとくらい吐いてもいいんじゃねーの?と。

でも相手によるから信頼できる相手を選ばないと。
毒の内容によっては変な形で拡散される可能性だってあるわけだし。
人の文句は特に危険だから、そっち方面の毒の場合は「毒を吐いてから、自分も落としておく」ことも重要だと思う。
相手だけ落とすのは聞く人に自分の悪い印象を残してしまうからね。


ストレス=毒に解毒剤なぞないわけだから毒はしっかり吐く。
あと毒の要因になるものに耐性をつけることも忘れずに。

あえて要因に迫り耐性をつけるなんて方法や要因から完全に離れるの2択なんじゃねーかなと。


ストレスフルの時代を生き抜くにはもっともっとリアルで人間同士、コミュニケーションを取っていければ毒もそんなに溜め込まず快適に生活できると俺は思うんだ。。




スポンサーリンク








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。